ようこそ。                                     児童小説家 池田美代子のオフィシャルサイトへ。



★本の感想、作者への励ましなど。お便りをお待ちしています。

 詳しい宛先などは、青い鳥文庫HP、こちらで


近刊予告

『劇部ですから! Act・4 魔の稽古合宿』

(講談社・青い鳥文庫 絵・柚木きひろ先生)

 

2018年8月11日頃 発売予定

 

地区コンクールを勝ち抜いたミラミラたち青北中学演劇部。

やる気をだした顧問指導のもと、県大会に向けて合宿が始まったのだが……。

 

 

 

『美少女戦士セーラームーン①選ばれた戦士』

(講談社 青い鳥文庫 原作・絵・武内直子先生)

 

2018年6月23日頃発売予定

 

月野うさぎは、港区立十番中学校に通う中学2年生。ある日、人間の言葉をしゃべるふしぎな黒猫ルナと出会う。ルナから、「あなたは選ばれた戦士なの。仲間を集めて敵をたおさなくてはならない。」と言われたうさぎは、美少女戦士セーラームーンに変身して、街に出没する妖魔と戦うことに!世界中で熱狂的に愛される大人気マンガ、完全ノベライズ版

 

「美少女戦士セーラームーン」公式サイトはこちら


新装版『妖界ナビ・ルナ6・ 朱雀・青龍編』

(講談社 青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2018年 5月12日頃 刊行予定

 

 

悠久の玉を見つけ、妖界への道を封印したルナたち。しかし、新たな妖怪の気配を感じたルナは、封印をより強くするため四神をさがす旅に出ることを決意する!
最初にやってきた日向村で、四神のひとり、朱雀と出会う。つぎに龍にまつわる民話が伝わる村で、青龍に会うため調査をはじめる。

(青い鳥文庫 公式サイトより)

 

『13歳は怖い 新学期の落とし穴』

 

(講談社・青い鳥文庫 絵/高上優里子先生)

 

2018年3月10日刊行

 

にかいどう青さん、みうらかれんさん、伊藤クミコさん、私、池田の四人の作家による短編集です。

 

新担任の先生やクラスメイト、春先に引っ越してきた部活仲間……。新たな出会いは、地獄の入り口だった!? 5つの恐怖の物語を収録。

 

『劇部ですから!Act・3 恋とマクベス』

(講談社・青い鳥文庫 絵/柚木きひろ先生)

 

2018年2月26日発売

 

ミラミラたちも2年生に進級し、あらたに5人の新入部員が入ってきた。地区コンクールで演じる芝居の配役も決まり、本格練習を開始した劇部だが、1年生のなかに美男子の万ちゃん目当てで入ってきた部員がいることが発覚。さらには、ミラミラもバスケ部の一条先輩から告白されちゃったから、さあたいへん。部内の不協和音をはね返して、地区コンを勝ち抜くことはできるのか--!?恋か友情か、それが問題だ

(青い鳥文庫 公式サイトより)

 

新装版『妖界ナビ・ルナ5 光と影の戦い』

(講談社 青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2018年1月13日頃刊行

 

五つ目の玉をさがす途中、再会した都和子先生から明かされたのは、ルナの出生のひみつだった。なぜルナは伝説の子となったのか、そして、ルナたちのまえに立ちふさがるなぞの少年の正体とは。ルナの運命がうごきだす!

(青い鳥文庫公式サイトより)

『劇部ですから! Act.2 劇部の逆襲』

(講談社・青い鳥文庫 絵・柚希きひろ先生)

 

 

2017年10月14日発売

 

文化祭での活躍で、校内で一気に有名人になったミラミラたち劇部メンバー。
そんな劇部に、ふたりの新入部員が入ってきた! 県の演劇発表会にむけて再スタートを切った劇部の前に、思わぬ敵があらわれて!?

ミラミラたち劇部に、今度はどんな試練が!? そしてミラミラに、胸キュンの事態もやってくる!?

 

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

『妖界ナビ・ルナ4 火をふく魔物』

(講談社 ・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年9月9日 刊行

 

ルナたちのドキドキハラハラの冒険の旅は、さらなる展開へ!

3体の妖怪をしりぞけ、3つの玉を手に入れたルナたち。
新たにやってきた町で、小学校の理科室での妙なうわさを耳にする。
これもまた妖怪のしわざなのか!?

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

『妖界ナビ・ルナ3 黒い森の迷路』

(講談社・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年6月10日発売

 

美しい自然にかこまれた果南島

ルナたちは行方不明になった人がいるといううわさを聞く。

その矢先、ルナが何者かにさらわれた!

待ち受ける妖怪の正体とは!?

 

ますます目がはなせない、ルナたちの冒険第三弾!

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

新しいシリーズが始まります!

 

『劇部ですから! Act.1 文化祭のジンクス』

(講談社・青い鳥文庫 絵・柚希きひろ先生)

 

2017年6月10日発売

 

 

舞台にあこがれて演劇部に入部した鑑未来(かがみ みらい)こと、ミラミラ。やる気のない先輩、だらけた顧問、文化祭はどうなるの!? 笑えて泣ける演劇エンターテインメント、開幕!

 

                 (青い鳥文庫公式サイトより)

 

怖い話が大好きな読者さんは、こちらもよろしくお願いします!

 

執筆者は、辻みゆきさん、にかいどう青さん、伊藤クミコさん、私の四人の短編集です。

 

『13歳は怖い』

(講談社・青い鳥文庫 絵・高上優里子先生)

 

2017年 7月8日発売

 

不吉な数「13」。13歳になると、なにかが起こる――。4人の人気作家が「13歳」をテーマに描く本格ホラー短編集。こわいお話が苦手な人は、要注意!

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

『妖界ナビ・ルナ2 人魚のすむ町』

(講談社・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年4月14日刊行

 

「悠久の玉」をさがして、ルナたちがやってきた港町。
そこに残されていた悲しい人魚の伝説。そして、なんでも願いがかなうという水晶玉をめぐって、また新たな妖怪が!?

ルナの冒険、待望の第2巻です!(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

『妖界ナビ・ルナ』シリーズが、新装版として青い鳥文庫から刊行されました

 

 

『妖界ナビ・ルナ1 解かれた封印』

2017年2月10日刊行

 

 すでに青い鳥文庫の「新妖界ナビ・ルナ」シリーズを読んでくださった方、さらにナビルナの原点である第一期をぜひ!

 フォア文庫で読んでくださった方も、「新妖界ナビ・ルナ」でおなじみの戸部淑先生のイラストで新しく生まれ変わったルナを、再びお楽しみくださいね。

 もちろん、初めての読者さん、大歓迎です。

 竜堂ルナを応援してくださいね!