ようこそ。                                     児童小説家 池田美代子のオフィシャルサイトへ。


★『劇部ですから!』読者モニターを募集してます!

 

応募してくださった方、先着100名さまに、『劇部ですから! Act・1 文化祭のジンクス』をプレゼント。

詳しくは青い鳥文庫のホームページをご覧くださいね。

こちらです。


ありがとうございました

 

2017年12月9日(土)

國學院大學 渋谷キャンパスに於いて、講演をさせいただきました。

たくさんの皆様にお越しいただき、感謝しております。

國學院大學児童文学会のみなさん、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

 

國學院大學児童文学会さんのブログ、twitterからも詳細をご覧いただけます。

 ブログはこちら http://jidoubungakukai.blog.shinobi.jp/

twitterこちら 

 

 

 

 

★本の感想、作者への励ましなど。お便りをお待ちしています。

 詳しい宛先などは、青い鳥文庫HP、こちらで


新刊案内


新装版『妖界ナビ・ルナ5 光と影の戦い』

 

2018年1月13日頃刊行

 

五つ目の玉をさがす途中、再会した都和子先生から明かされたのは、ルナの出生のひみつだった。なぜルナは伝説の子となったのか、そして、ルナたちのまえに立ちふさがるなぞの少年の正体とは。ルナの運命がうごきだす!

(青い鳥文庫公式サイトより)

『劇部ですから! Act・3 恋とマクベス』

 

2018年2月24日頃刊行予定

 

ミラミラたちも2年生に進級し、あらたに5人の新入部員が入ってきた。地区コンクールに向けて本格スタートを切った劇部だが、新入部員のひとりが、「美男子」万ちゃんがお目当てだったことが発覚! 

 

さらにミラミラは、バスケ部の一条先輩からアプローチを受けてしまい……。
部内の不協和音をはね返して、地区コンクールを突破できるのか--!?

(青い鳥文庫公式サイトより)


『劇部ですから! Act.2 劇部の逆襲』

(講談社・青い鳥文庫 絵・柚希きひろ先生)

 

 

2017年10月14日発売

 

文化祭での活躍で、校内で一気に有名人になったミラミラたち劇部メンバー。
そんな劇部に、ふたりの新入部員が入ってきた! 県の演劇発表会にむけて再スタートを切った劇部の前に、思わぬ敵があらわれて!?

ミラミラたち劇部に、今度はどんな試練が!? そしてミラミラに、胸キュンの事態もやってくる!?

 

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 


『妖界ナビ・ルナ4 火をふく魔物』

(講談社 ・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年9月9日 刊行

 

ルナたちのドキドキハラハラの冒険の旅は、さらなる展開へ!

3体の妖怪をしりぞけ、3つの玉を手に入れたルナたち。
新たにやってきた町で、小学校の理科室での妙なうわさを耳にする。
これもまた妖怪のしわざなのか!?

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

こちらから試し読みもできます


『妖界ナビ・ルナ3 黒い森の迷路』

(講談社・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年6月10日発売

 

美しい自然にかこまれた果南島

ルナたちは行方不明になった人がいるといううわさを聞く。

その矢先、ルナが何者かにさらわれた!

待ち受ける妖怪の正体とは!?

 

ますます目がはなせない、ルナたちの冒険第三弾!

(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

新しいシリーズが始まります!

 

『劇部ですから! Act.1 文化祭のジンクス』

(講談社・青い鳥文庫 絵・柚希きひろ先生)

 

2017年6月10日発売

 

 

舞台にあこがれて演劇部に入部した鑑未来(かがみ みらい)こと、ミラミラ。やる気のない先輩、だらけた顧問、文化祭はどうなるの!? 笑えて泣ける演劇エンターテインメント、開幕!

 

                 (青い鳥文庫公式サイトより)

 

怖い話が大好きな読者さんは、こちらもよろしくお願いします!

 

執筆者は、辻みゆきさん、にかいどう青さん、伊藤クミコさん、私の四人の短編集です。

 

『13歳は怖い』

(講談社・青い鳥文庫 絵・高上優里子先生)

 

2017年 7月8日発売

 

不吉な数「13」。13歳になると、なにかが起こる――。4人の人気作家が「13歳」をテーマに描く本格ホラー短編集。こわいお話が苦手な人は、要注意!

(青い鳥文庫公式サイトより)

 


『妖界ナビ・ルナ2 人魚のすむ町』

(講談社・青い鳥文庫 絵・戸部淑先生)

 

2017年4月14日刊行

 

「悠久の玉」をさがして、ルナたちがやってきた港町。
そこに残されていた悲しい人魚の伝説。そして、なんでも願いがかなうという水晶玉をめぐって、また新たな妖怪が!?

ルナの冒険、待望の第2巻です!(青い鳥文庫公式サイトより)

 

 

『妖界ナビ・ルナ』シリーズが、新装版として青い鳥文庫から刊行されました

 

 

『妖界ナビ・ルナ1 解かれた封印』

2017年2月10日刊行

 

 すでに青い鳥文庫の「新妖界ナビ・ルナ」シリーズを読んでくださった方、さらにナビルナの原点である第一期をぜひ!

 フォア文庫で読んでくださった方も、「新妖界ナビ・ルナ」でおなじみの戸部淑先生のイラストで新しく生まれ変わったルナを、再びお楽しみくださいね。

 もちろん、初めての読者さん、大歓迎です。

 竜堂ルナを応援してくださいね!