プチ編集会議

今日は講談社さんの青い鳥文庫編集部にて、読者のみなさんとのプチ編集会議がありました。五名さま限定でしたが、水ぼうそうでおひとり、欠席されたので、四人の読者の女の子たちと二時間、熱い編集会議をしましたよ。

みなさん、ナビルナや、ムスビ、海色のANGELを丁寧に読み込んでいてくださっているので、嬉しかったです。

 

ナビルナの番外編の構想を練ってくれたHさんの発想は、素敵でした。ナナセ&雛子のコンビが怪盗で、ルナ&タイが探偵。素敵でしょ?

Aさんが考えてくれた新シリーズのタイトルは「黄泉の相談室」。こちらはなにやら過去にトラウマを持つ少女と死神の少女とのお話しです。タイトルからして魅力的です。

「海色の二キラアイナ」というお話の構想も考えてくれました。

海色の猫クローネが二キラアイナに行ってしまうのです。ムスビとクローネの会話を聞いてみたいですね。そこにネコつながりでスネリも参入したらどうなるでしょう。(*^_^*)Sさんの考えてくれたナビルナのカバーイラストのルナがとてもかわいくて、構想もスネリがいなくなる設定です。もっけとルナがふたりっきりになってしまったら、どうなるのかしら、面白いなと思いました。

Kさんは「劇部」が一番好きと言ってくれて、嬉しかったです。劇部のこれからのお話の設定も細かく考えてくれて、同好会に格下げになる危機になり、部員をスカウトするという。劇部は来る者拒まずでしたが、スカウトするということは全く考えていなかったので、新鮮でした。

 

最後に記念写真。これはゆきちさんがルナのイラスト付きの枠をつけてプリントアウトしてくださいました。四人のみなさんは、みんな優秀で本好きで、わたしも楽しく勉強になりました。ありがとうございました。

青い鳥文庫編集部のある22階のエレベーターホールに展示されていたパネルです。

 

こちらも器用なゆきちさん作です。

 

今日は読者さんにお会いできて、幸せな一日でした。明日からまた頑張ります。

 

新刊など

TOPページでもお知らせしましたが、恐怖の短編集が発売されます。

『13歳は怖い』私のほかに辻みゆきさん、にかいどう青さん、伊藤クミコさんが執筆されています。

青い鳥文庫のサイトでは、早速試し読みができるようです。

みなさん、震えるほど怖いお話を書かれています。それぞれの恐怖のテイストが違いますよ。恐怖の玉手箱です!

イラストは漫画家の高上優里子先生です。カバーには不気味に可愛いイラストを描いてくださいましたが、本文はダイレクトにきます。ぎょっとします。

日が暮れる前に読むことをおすすめします。

暑い夏、この一冊で涼んでくださいね。

また、後ほど読者さんからの感想へのメッセージや、諸々、追記します。

見本と販促物など

早いですね。もう6月刊行本二冊の見本が届きました。

 

『妖界ナビ・ルナ 3 黒い森の迷路』(絵・戸部淑先生)

『劇部ですから! Act.1 文化祭のジンクス』(絵・柚希きひろ先生)

(いずれも講談社・青い鳥文庫)

 

来週末頃、全国の書店さんに並ぶかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

素敵イラストや内容について、宣伝したい諸々ありますが、それはまた後日。

 

※しおりの青い鳥通信に「プチ編集会議」の詳細が掲載されていますよ。

私の編集会議は8月1日(火)午前10時30分より開始です。

参加者のみなさんのご応募、お待ちしてます。

 

そしてナビルナ1巻に引き続き、販促物も作ってくださいました。

1巻の試し読み小冊子が、とても立派です。

書店さんの書棚から紐で吊下がっている「あれ」です。

コミックではよく見かけますが、児童書では少ないのではないでしょうか。

書店さんで見かけたら、ぱらぱらしてみてくださいませ。

 

見出しプレートも嬉しいです。

ナビルナは薄いので、棚差しになると埋もれてしまいそうで(涙)

プレートをつけてくだされば目立ちますね!

ありがとうございます。

 

新刊の告知など

TOPページ新刊の告知をしました。

6月にナビルナ新装版の第三巻、『妖界ナビ・ルナ3 黒い森の迷路』と、

新シリーズとなる演劇部のお話し『劇部ですから! Act.1 文化祭のジンクス』

が発売されます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

「ナビルナ」のイラストはおなじみの戸部先生です。

今回のイラストもどれも素敵ですが、特に幹太郎さんの表情がすばらしいです。

ルナ、もっけ、スネリの日常のほのぼのシーンも必見です!

 

 

「劇部」の個性豊かな面々も、柚希先生が魅力的に描いてくださいました。

カバーイラストには登場していないですが、他三名ほど大活躍してますよ。

ちょっと変な隠れキャラ(というかペット)もいます。さがしてくださいね。

 

7月には怖い話の短編集が出ます。

こちらは、他三人の作家さん、辻みゆきさん、にかいどう青さん、伊藤クミコさんが書かれています。

みなさん、かなり恐ろしい話を書いておられます。ぞっとします。怖い話が苦手な方はひとりで読まないでくださいね!

 

そして7月には尾谷おさむ先生がイラストを担当されている『新訳 名犬ラッシー(著・岩貞るみこさん)』も刊行されるのですね!楽しみです!

 

また、それぞれの刊行が近づきましたら、宣伝したいと思います。

よろしくお願いします。

 

そして、夏のイベントについて。

こちらは、「プチ編集会議」となります。

8月1日です。

ナビルナの番外編のキャラクターや、新シリーズのこれからの展開についてなど、

話し合いましょうね!

応募資格はファンクラブの会員限定ですが、今から入会してもオッケーだと間に合うと思います。

入会方法はこちらの青い鳥文庫サイトに詳しく記載されていますよ。

読者のみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

大好きなピンク

先日、ママ友がお二人来てくださり、我が家でランチしました。

ママ友達とは次男が幼稚園のときからお付き合い。子ども達はもう疎遠になってしまいましたが、親同士は変わらず親しくしているので、もう「ママ友」と呼ぶのはおかしいのかもしれないのですが。

ランチはジャンバラヤとタンドリーチキン、トマトと新玉ねぎのサラダといった簡単なものでしたが、お土産に大好きなピンクのバラとガーベラのアレジメントフラワーと、千疋屋のチョコバナナケーキをいただいてしまいました。

豪華なお土産にありがたいやら、申し訳ないやら。ケーキも写真を撮ればよかったわ。

早くいただきたくて、すっかり忘れてしまいました。人懐こいぐうは、足元にまとわりつき、人見知りネコのモモはずっとトイレにいて、お二人が帰る頃にようやくリビングに。(^_^.)

久しぶりのおしゃべりが楽しくて、あっという間に夕方に。名残惜しかったです。

また、来てくださいね!!!


菊田先生からナビ・ルナ新装版二巻のお祝いイラストをいただきました!

ルナ&しずくですよ。二人とも可愛いですね。しずくの優しい笑顔に救われます。ううう。ルナの頭から顔をのぞかせているもっけ&足元にはスネリも!

菊田先生、ありがとうございました。

6月の新刊

青い鳥文庫公式サイトの「もうすぐでる本」六月刊で

『劇部ですから! Act.1文化祭のジンクス』のイラストがUPされました。

 

イラストを担当してくださるのは、柚希きひろ先生です。キャラクターを可愛く素敵に描いてくださいました。明るい笑顔が華やかでよいです!

 

新シリーズは、演劇部に入って頑張る中学生女子のミラミラ(鑑 未来・かがみ みらい)が主人公です。劇部一年生は親友のアメちゃんと万太郎くん、三人が主に活躍します。

第一巻では個性豊かな先輩たちと文化祭の発表会に向けて奮闘するお話です。

只今、二巻目を書いていますが、さらに新たな登場人物が現われますよ。

 

アマゾンではすでに予約の受付が始まっているようです。

こちらから

 

今後も「劇部」情報を、少しずつUPしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

※誤字のご指摘をありがとうございます!

んもお、原稿もブログもメールもミスが多いのでお恥ずかしいです。((+_+))

(日々反省。)

ご指摘、助かります。感謝です。

 

 

見本と嬉しいプレゼント

ナビ・ルナ新装版の第二巻『人魚のすむ町』の見本が先週、届きました。

ルナのカバーイラスト、いつものように戸部先生が素敵にかっこよく描いてくださいました。もくじのもっけがかわいくてたまりませんっ。

今週末が発売予定です。

みなさん、よろしくお願いします。

 

そして、読者さんからの素晴らしいプレゼントが!

ナビルナの新装版をお祝いして、読者さんがtwitterで募集をかけてカレンダーのイラストを作ってくださったのです!

驚きました。あまりにも素敵な企画で……感動しました。

担当編集さんも驚いていました!

2017年4月から2018年3月まで、各月お二人ずつ、24名の読者さんが描いてくださったのです。

主催者のYuinaさんありがとうございました!

ルナはなんて愛されているのでしょう。私はなんて幸せな作者だろうかと嬉し泣きしました。

イラストを描いてくださった、kuri_summerさん、kannazuki_91さん、

sho_ri0501さん、yudetamago_otaさん、SMF_Lapisさん、giraffe_beerさん、

shinnsei3さん、NaNa50223さん、ayaka45763214さん、nemuikiさん、

souryugeさん、r_nbrnさん、zv-zdさん、chiioru_0408さん、Sakunome3さん、

206bf102bca44d3さん、0827Nanamiさん、YuinaT0919さん、

animo_sousakuさん、hotaruya_fanさん、KarasU_6970さん、

Mickey111821さん、picopicopiiiiiさん、mikaze_rinさん

(4月~3月の順・twitter ID)

ありがとうございました。

サイン会に来てくださった方のお名前もみつけて嬉しくなったり、私がtwitterをしていた頃にお話しした方もいらして、ずっと応援してくださっているのだわと胸が熱くなりました。

心の支えです。ずっと大切にします(T_T)

住所が書かれていないので、お礼もお送りできず。

もし、ご住所をお知らせいただけるのであれば、お礼のお葉書をお送りします。

差支えない方は、Contactよりお知らせください。

 

 

そして国語の授業で書いた自作の物語の原稿を送ってくださった読者さんもいらっしゃいました。Yさん、どうもありがとう。また、感想をお送りしますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょこっと追記

 

☆『海色のANGEL』の重版のお知らせをいただきました。

嬉しいです(T_T)読者さん、ありがとうございます!

 

☆『劇部ですから!』(6月刊行予定)のカバーイラストのラフを転送くださいました。

イラストレーターさん(どなたか、まだ内緒)が、素敵に描いてくださいましたよっ!

主人公のミラミラがキュートです!

そして主人公より可愛い……男子がひとりいます。お楽しみに。

 

☆夏休みにイベントがひとつあります。

サイン会ではありませんが、読者さん参加型で、私もとても楽しみにしています。

 詳細が決まりましたら、お知らせします。

 

☆7月刊行予定の恐怖のアンソロジー(青い鳥文庫)、カバーイラストのラフも転送いただきました。こちらは、三人の作家さんとの書き下ろし短編集です。

みなさん、ちょっとここまで書いてしまっていいんですか!怖すぎませんか!

震えがとまらない短編です。

怖い話が好きな読者さんでも、ちょっと覚悟が必要かもしれません(*^_^*)

こちらも詳細は公式の発表までお待ちくださいね。

 

引っ越しました

昨年、諸々の事情により、急に引っ越すことに決まり、あっという間に転居先も決まり、あれよあれよという間のお引越しでした。

一週間が過ぎ、ようやく片付けも終わり、日常に戻りつつあります。

お祝いに、青い鳥編集部の皆様から、立派な胡蝶蘭をいただきました。あまりに立派なので届いたときは、腰を抜かしそうになりました。狭い我が家には立派すぎますが、とてもとても嬉しいです。

ありがとうございました。

じつはむかしむかし結婚式で、ウェディングドレスに胡蝶蘭の生花をあしらったという、思い出の花です。が、高価なお花なので、それっきりに。久々の御縁です。緑の指ならぬ茶色の指である私ですが大切にします。

胡蝶蘭の入っていた段ボール箱は、なっちゃんのハウスになりました。なかなか新居になじめず、玄関に置いた段ボールに入って出てこず。

寒い玄関に丸三日いたせいで、風邪をひいてしまいました。ひどいくしゃみをしています。

ところで、読者さんからのお手紙もプレゼントも持ってきましたよ。今までの住まいはそのままにしていますが、アルバムと読者さんからのお手紙はもれなくこちらへ移しました。

バタバタしているうちに、もうそろそろナビルナの二巻が発売されます。

隔月だと早いですね。

トップページに告知しています。

リンクしているアマゾンでは、予約が始まっていると思います。

二巻の表紙も戸部先生がルナを素敵にかっこよく描いてくださいました。ルナのこの表情!妖界ナビゲーターとしての覚悟が見えます!

カバーにはもっけもスネリも登場です。

どうぞよろしくお願いします。